2008年6月2日月曜日

御蔵島旅行記・その3

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
はて、どこまで書いたものかな。
御蔵島旅行記その2の続きなのですが、
その2とその3の間に引越しとか云々があって、
結構なブランクがあるのでアレです。
気軽なイルカウォッチングの記事とかでご機嫌を伺ってみます。

とはいっても、海とかアウトドアとか縁のない男のブログ。
私のキャラを把握している人は、
慣れないマリンブルーの記事に心臓麻痺を起こすかもしれません。
準備体操をお忘れなく。

ということで、
なぜか検索をかける人が多いキュートウキュージンや、
皆様お待ちかねの島の歴史や民俗については、後ほど。

今回の写真はいつものデジカメではなく、水中撮影用使い捨てカメラを使用しています。
発色とか気にしないように。



「足の踏み場もないくらいイルカがいる」と言われ来てみたものの、
桟橋に上陸した時点で騙された事には気がついていたし、
実はそんなに興味なかったのです、野生のイルカって言われても。

子供の頃、おじさんに海に連れて行ってもらった時に溺れて以来、
海水に顔を浸すのを避けていたのですが。
でも、神社巡りとかだけでもつまらないでしょ。
水着とか用意してこなくても、ウエットスーツをレンタルしてくれると言うので、
まあ、借りてみるかなって思い立ったのが良かったですよ。

同じ宿の数人で小さな船をシェアして、
風向きにも寄るらしいけど、凪いでいる方の島の南側へ。



あれだ、「足の踏み場のない」は大げさだとしても、
ウジャウジャいます。イルカ。
船の上からでも眺められるし、
シュノーケルつけて海面に浮かび、海の底を覗くだけでも、
ものすごいイルカがいました。



視界内に十数頭ものイルカが泳いでいるなんてこともあり、
数え切れませんでした、イルカ。
凄いスピードで泳ぎ回っていました。

体の傷とか身体的特徴をまとめて、
一匹一匹に名前がついていたりするらしいです。
島のボランティアがイルカの生態を研究したりしているようですよ。
そういう資料とか、島の観光案内所に沢山あるので、
興味のある人は、どうぞ。
私が一回見ただけじゃ、個体差までは解らなかったけどね。



ゲロを吐く「威嚇」や、
BL好きが聞いたらたまらないであろう、未成熟なオス同志の性交シミュレーション「絡み合い」など、
多彩な表情や仕草を見せてくれます。
脳に響くような高周波でキューキューと啼いていました。
自分から手を出して触っちゃいけない約束になっています。
でも、手を出せば触れる距離にウヨウヨいます。
すごい。



私の使い捨てのカメラでもここまで撮れるし、
完全防水のデジカメで動画を撮っていた人もいました。
島にはイルカのDVDなんかも沢山売っていて、
なるほどイルカが目玉の島なのかなぁとも思うのですが、
まあ、イルカ意外にも良いところ満載ですよ、御蔵島。

とはいえ、せっかく行ったのならイルカは見ておけレベルのお勧め。



このほかにも妙なクラゲとか、馬鹿でかいウミガメとか、いましたよ。

そんなこんなで、イルカで癒し(笑)はおろか、
マリンスポーツやらにも疎い私ですが、
充分堪能いたしました。

簡単なシュノーケリングだったとはいえ、海中で体を動かしたりするのは、
写真を見ただけでも理解できると思うけど、地上とは明らかに違う、
3D空間内の空間認識とかに新たな示唆を含んでいたり、
なるほど面白い。
知らないことにはチャレンジしてみるものだなぁ、と。



後日、イルカが見えるという展望台から、
年に二度ほど見られるという鯨を発見し、
本物の潮吹きを目の当たりにしたり。
いやぁ、東京都内でもこんな凄い島があるんだなぁと思いました、御蔵島。

japan,mikura island,tourism,dolphin watching,Whale,sea turtle,jellyfish,snorkeling,Boys Love

2 件のコメント:

isshy さんのコメント...

おわっ!
こんなにすごいのか。想像以上だ。
もう何年も前から狙ってるんだけど

上陸できない・帰って来れない可能性が
怖くていまいち踏み切れてなかったんだけど
こりゃー本気でこの夏トライかなぁ。
旦那説得せねば。。。

味噌max さんのコメント...

イルカっていうのはなかなか見れないもので、見れたらラッキーくらいに思っていたのですが、いや、いるもんですね、イルカ。
私が船で行った時も帰る時も、桟橋に船がつけるかどうか微妙でしたが、まあ行ってみないと解らないですよ。がむばって説得してみてください。