2008年4月9日水曜日

ヤスール火山がドッカーン!!

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
記事中で使用した写真は、
その部族の人などに掲載の許可を取ってあります。
もちろん著作権等のアレよろしく。

さて。

タンナ島の宿に着いてから、ずっと気になっていたのが火山。
宿から見えます。
三分に一回くらいの割合で、どっかんどっかんいっています。
空気が振るえ、地面が揺れ、煙を吐き続ける火山。
話を聴いてみると、世界一火口まで近づける火山らしい。
行くなら夕方から暮れていく時が一番キレイだよって事で、
夕方、行ってみました。

トラックに乗っていくのですが、
車の助手席になにやら老夫婦が乗っています。
私が運転できないしね。
って事は、荷台ですか?

道路はもちろん舗装されていません。
むき出しの地面を、物凄い速度で飛ばします。
でも、通りがかりの人も乗せて、結構な人数が荷台に乗っています。
あれ、初日に驚いた荷台の人々に、私も混ざってるな・・・

乗っている現地の人々、意外と平気そうにして乗ってます。



平気そう。

でもまあ、シートベルトも無いので、
私は振り落とされそうでした。

山の麓で入山料を払い、車で登山。
9割くらいまで登った所で、車から降りると、ポストがあります。
世界で唯一の火山ポストとか。



なんか特別な消印でもあるんですかね。

で、さすがに火口までは車では行けないので、
徒歩で登っていきます。



ちょっと曇ってきましたが、それもまたなにげに絶景。
谷間に差す夕日がキレイです。
登っている間もドカンドカン言っているのですが、
物凄く地面も揺れ、轟音が響くのですが、ともかく登ります。



これが火口。なるほど、めっちゃ近い。すぐ側。
十年くらい前に、火山弾に直撃され、
亡くなった日本人がいたとか。

ああ、凄い、近い。



現地の人は噴火を見飽きたのか、
キレイな夕日に見入っていましたが、
夕日もキレイなんですけど、
火山の噴火、物凄い。

夕方になると、他の宿泊先に泊まっているであろう人々も、
火口に噴火を見に来ました。





と、いうことで、
デジカメの表現力の無さというか、
私の技術の無さを露呈する火山噴火写真集です。



三分に一回はどかーん!



どかーん!どかーん!



どっっかーーん!!!!





目の前で繰り広げられる爆発。
迫り来る火炎弾。すげえ。



ちなみに、私の宿泊したバンガローは、
火山の噴火を見るには最も適したバンガローだって、
サイモンが言っていました。




私が泊まったバンガローの入口に三脚立てて、
52倍くらいのズームで、
火口で噴火見物をしている人々の写真を撮るとこんな感じ。





どっかーーーーーん!!!






さて、次の日は馬に乗って温泉に行ったりしたのですが、
ここで困った問題が出てきました。

電気が無い。

この後、目的のエロマンガ島に行くのですが、
なにしろデジカメのバッテリーが無くなってしまいます。
この宿は電気も水道も無いですが、慣れると割と快適。
でも、電気が無いと不便な体質に、私はなってしまったのですね。

タンナ島の最終日は、
島の拠点の町、電気の有るラナケルの街に宿を移す事にしました。
ごめんねサイモン。
エロマンガの写真、撮りたいしね。

サイモン曰く『この宿に三泊した客は始めてだし、
日本人の客も初めてだった。ありがとう』


あれ、Pが日本人観光客をここに何度も送ってるって・・・・
日本人向きの宿じゃないでしょ、ここ・・・
P・・・・



さて、
この時点でエロマンガ島に関して得ていた情報。
エファテ島のホテルオーナー:「バヌアツは安全な国だ。エロマンガ以外は」
ツアーエージェントP:「観光に行く人は年に数人しかいない。やめた方が良い」
ラナケルのホテルの人:「電気も水道も店も何も無い。英語も通じない」
○○部族の人:「危険じゃないの?あの人たちPeople eat Peopleだよ」



もしそんなに危険な場所だったら、
外務省の海外安全ホームページに渡航に関して注意が出てるだろうしw
いきなり死ぬ事も無いと思っていましたよ。
(実際死ななかったし)

んでは、諸事情でラナケルの町でアレ飲んだりした記事は飛ばして、
次はいよいよエロマンガ島に上陸のあたりの旅行記になります。

Vanuatu,tourism,Tanna,custom village,volcano,eruption,sunset

2 件のコメント:

元ダンサー さんのコメント...

ドッカーンの写真、(特に暗くなってからの。)を見ていると
地球も宇宙の一惑星なんだな・・・って。忘れていることに気づいたり。

きっと夕日も綺麗だったんでしょうね。w 

味噌max さんのコメント...

本当に、夕日だけでも涙を流しそうになるくらい綺麗だったのですけど、あれくらいそばでドカンドカンいわれていたら、それどころではございませんw

なんか原始的な力むき出しの自然に、宇宙の神秘とかも考えてしまうほど圧倒的なアレでした。